11 02/14
0

サーバ仮想化で維持コストを削減

現在では、全てのビジネスがITで成り立っているといっても過言ではありません。
集客、生産、物流、経理なども全てIT化している企業も少なくなりません。
今やIT無しではビジネスは成立しないのです。

しかし、IT化が進んでくると、物理サーバがオフィス内に何台もあるという状態になってしまいますね。
データはそれぞれのパソコンに保存されますので、大事なデータがどこに保存されているのか、データ管理が煩雑になりがちになりますよね。

さらに、パソコン1台ずつのメンテナンスが必要で、OSの更新、アプリケーションの導入など、管理費や維持費もどんどん嵩んできます。
企業が成長すればするほど、このような問題もさらに大きくなってくることが考えられますよね。
そこで、やはり必要になってくるのが「サーバ仮想化」でしょう。

サーバ仮想化と聞くと、専門的なことなのでスルーしてしまう人もいますが、これからはそれでは企業は成り立っていきません。
難しいと思うなら、専門家に全部任せてしまいましょう。

サーバ仮想化なら「 IT価値創造塾」http://vmware-juku.jp/がおすすめです。
「 IT価値創造塾」が全てナビゲートしてくれますので、サーバ仮想化導入を是非検討しましょう。
まずは、「 IT価値創造塾」で導入事例などをご覧になってみてください。

15 03/13
0

記帳代行はお金のプロに依頼しよう

個人、法人問わず、商業活動を行うのであれば日々の資金の出入りなどをきちんとチェックしておかないと成り立ちません。経営状況を把握するために帳簿というものを作成しなくてはいけませんが、専門的な知識がない人にとってこれを毎日行っていくのは難しいですし、そもそも処理の方法がわからない部分も出てくるはずです。

従業員の少ない中小企業や、個人で請け負っている人などは帳簿の作成が本業を圧迫するほどの負担にもなります。そんな手間を解消してくれるのが記帳代行サービスです。

一般的に記帳代行業者によって作成された書類を、別の税理士がチェックをして申告を行う流れになりますが、代行サービス業者と税理士がチェックしたものが合わないという話を聞くのも事実です。

そういった事態を避けるためには、税理士による記帳代行サービスを利用するのがお勧めです。その方法だと、書類作成後に別の税理士を探す必要もありませんし、お金のプロによって作成された書類なので帳簿の作成ミスなどが少なくなります。業者から税理士といった流れよりも、料金面でも安くなるメリットもあります。

記帳代行サービスは中小企業であっても利用しやすい料金ですし、何より自分でやる手間と時間の節約になりますので本業に専念することが可能になりますよ。

Tags